史上最高値

 

 

 

おはようございます。

 

今日はさわやかな朝ですね。

 

年末に差し掛かり今年も残すところ2週間をきりました。

 

クリスマスを控えワクワクしていたり、忘年会や年賀状の準備で忙しかったり、

 

年末年始の予定を考えたりする時期ですよね。

 

またこの時期ボーナスが楽しみという方も多いと思います。

 

 

経済面ではアメリカの大統領選から株価の上昇がすさまじく、NYダウは史上最高値を連日更新するという力強さを見せています。

 

今後もこの勢いが続くのか、横ばいになのか、はたまた来年状況が一変するのか。

 

アメリカの株価は前回の金融危機以降一貫して大きな調整がほぼなく上昇してきました。

 

永遠に上がり続けるということはないので、いつかは調整がありますが

 

それが比較的緩やかなものなのか急激なものなのかはわかりません。

 

過去を振り返れば緩やかな調整などというものは少ないようですが。

 

また前回の金融危機では株価の調整は非常に急激でしたが2年ほどで底を打ちました。

次の調整局面では調整とリバウンドを繰り返し底を打つまではもっと期間が長いかもしれません。

 

長期のスパンでみると上昇と調整を繰り返していますが、直近のそれとは異なる形をとってきています。

 

前回の危機は100年に一度の危機だと言われましたが、次回はそれが大したことがなかったと思えてしまうほどの規模の危機になるという方もいるようです。

 

実際はどうなるかわかりませんが、危機は危険と機会の両方の面を持っているので

 

淘汰されていくもの、生き残っていくもの、生まれかわって対応していくもの様々だと

 

考えられます。

 

いずれにしてもみんなで機会の面にフォーカスしてよりよい世の中にしていきたいものです。