適切な判断

おはようございます。

 

今日も抜けるような青空でとてもいい天気です。

 

昨日、オバマ大統領の最後の演説がありました。

 

次期大統領のトランプ氏への円滑な政権移行に

 

協力すると話した一方、民主主義を維持するため

 

みた目の違いにかかわらず団結していくことが

 

大切だということも話したようです。

 

連日、トランプ氏の発言による経済や政治面への

 

影響などニュースが報じられています。

 

発言が過激なので、ニュースにすると大衆受け

 

するのでメディアは好んで発信しているようです。

 

一面的な報道はそのイメージが大衆に持たれ、

 

結果的に煽られているような状態になり

 

客観的な状況が伝わりにくくなる傾向があります。

 

例えば、昨年の英国のEU離脱や大統領選など両方とも

 

メディアの報道によると離脱しない、クリントン氏優勢と

 

なっていたわけですし。

 

メディアも商売であるので数字を求めているのですが、

 

大衆への影響がとても大きいので、なるべく多角的な面

 

から客観的に全体像が伝わるような報道が望ましいと感じます。

 

そして我々大衆もテレビやニュース報道を

 

ただ受け取るのではなく、すごい難易度が高いですが、

 

様々な事実から考え、適切な判断が求められるかもしれません。