読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国防長官来日

おはようございます。

 

米大統領の政策が連日ニュースに

なっています。

諸外国との関係にかなり変化が

あるなか日本との関係性も大いに

気になるところです。

 

そんななか米国防長官が来日し

安倍首相と意見交換しました。

 

日米安保について日本は米国から

さらなる経済的な負担を求めて

られているようです。

 

もうすでにかなり負担しているので

さらに負担増になっても割合としては

知れている説もあります。

 

ただ安倍首相は以前から日本による

国防力を上げようとする姿勢がみられます。

 

アメリカからの要請もあるでしょうし

首相の持論でもあるかもしれません。

 

国防力とはいろんな意味があると

思いますが国民にとってはどうしても

軍事的で危険やかなりの負担が伴う

ネガティブな印象があります。

 

国防とはもし他国の攻撃があったときには

自国を守ることで、現在は米国軍と自衛隊

存在が抑止力として働いています。

 

首相は日本の国防力の増大を考えて

いますが、やや行き過ぎてしまう

ことが懸念されています。

 

憲法9条ですらやり方次第で変更できて

しまう可能性もあるので怖さも感じます。

 

平和を維持するための日本の意志と世界

との連携が求められています。