メルケルドイツ首相

おはようございます。

 

NYダウ好調です。

まだまだ最高値圏を行ったり

来たりしながら上昇しそうです。

 

日経平均も好調です。

こちらはNYダウドル円

為替次第の値動きになりそうです。

 

米国大統領と日本の首相が会談を

行って、蜜月ぶりが話題になっています。

 

米大統領のこれまでの日本への発言から

すると予想外な対応な感じがします。

 

中国や北朝鮮など共通の警戒する国があって

利害が一致するところもあると思いますが

意外でした。

 

イギリスやドイツとは対アメリカの関係が

うようです。

 

オバマ大統領からトランプ大統領にかわり

各国の関係性にも変化が出てきました。

 

この変化がどのように展開していくのでしょうか。

 

イギリスはEU離脱で揺れていますし

欧州最強国のドイツは盤石ですが

EUのとりまとめが大変そうです。

 

ブレグジットをはじめフランスの

首脳交代がどう影響を及ぼすか

など、強力なリーダーである

メルケル首相が健在のうちは大丈夫

でしょうが、交代したらEUは

かなり揺れそうです。

 

トランプ大統領のアメリカ、揺れる欧州、

、アジアの覇権を目論む中国、大国ロシア

ブロック経済化していきそうな感じです。

 

世界全体の力関係をみても、やはり

ドイツのメルケル首相の存在感は大きく

世界のバランスがとられているように

感じます。

 

トランプ大統領にかわり、ドイツの首相交代により

欧州が揺れ、世界のバランスが変わっていく

そういう時代を迎えようとしている

ある意味シナリオのようなものがあるのかも

しれません。