21歳大学生がホテル経営

 

学生のうちの早い起業デビューに感銘を受けました。

 

早く起業するのはなんといっても若い感性を事業に活かせることが最大の強みです。

 事業の動機は旅行体験から疑問に感じたことを自分なら工夫できると思ったことでした。

 

また吸収力があることと業界の慣例みたいなものと無関係に斬新な発想ができることも素敵なことだと思います。

 

始めてみて事業の厳しい面もなんとか乗り越えていることに強さを感じますし、

若手経営者が出てくると他の学生も刺激を受けて就職とは違う人生を選ぶ方もでてくるかもしれませんね。

 

試行錯誤や創意工夫を続けながら事業を益々成功させていってもらいたいですね。