金融緩和とインフレヘッジ

連邦公開市場委員会フェデラルファンド金利誘導目標を1-1.25%に引き上げました。

 

これまで金融緩和と引き締めを繰り返してきた歴史があります。現在は緩和終了の方向へ出口戦略を探っているところです。緩和マネーの過熱を放っても置けないし、引き締めすぎると経済が悪化するので、ソフトランディングさせようとしています。

 

ただしこれまでに上手にバランスをとれたことは稀です。効果がでるまでに時間もかかるのでどの程度の影響が出るのかが読みづらいからでしょう。現在の世界的な金融緩和状況はソフトランディングさせることは膨大な債務があるので難しいです。

 

金融緩和の後はインフレになります。金融緩和の規模に応じたインフレになるのでかなり激しいインフレが予想させます。

 

これは生活コストがあがり、人々の暮らしが苦しくなることを意味しています。ヘッジするための手段を持たなくてはなりません。

 

理論的には商品先物が効果的ですが、性質的にずっと持ち続けて価格上昇を享受できるものではありません。価格の変動も激しく、知識が必要でヘッジの一手段にすぎません。

 

株式はインフレそのままの値動きにはなりませんが。長期的にはインフレと同等程度のヘッジ手段となりえますが、購入時点によって大きく効果が変わります。現在の高値圏で購入し、大幅な下落がおこればインフレ対策どころか損失となってしまいます。

 

市場が大きく変動し底値圏もしくはそれに近い所で購入する必要があります。そのような大幅な調整が起こるときは金融機関の存続自体が危ぶまれるので株式を買うまでの自分の資産を守る必要もあります。

 

債券は高値圏であるうえ、今後の金利上昇により利益を見込むことは難しいです。これほど投資先が限られている状況で資産を守り増やしていくことが求められています。