太陽光と化石燃料

日本の太陽光の発電割合は増えていますが、化石燃料の発電割合も増えています。

 

クリーンで環境にやさしいエネルギーが普及することが望ましいですが、企業活動や発電に現在の技術力やコスト面で実現できることは限られているようです。

 

また原発は表面的なコスト面は低く見えますが、事故や汚染対策まで含めた総合面では最もコストがかかります。その原発がみえにくい利権がからむのか増やそうとされています。

 

太陽光、風力も発電効率的に見劣りするのか増えてはいるものの原発の代替にまでは慣れていません。

 

太陽光も風力もメンテナンスが必要で数十年後パネルや構築物を撤去し最後に更地に戻す必要があります。しかもそれが数十年後になるのでその時、事業者は存在するのか、撤去や更地に戻す資金力があるのかそういう問題もあると思います。

 

 

これからはIoT、AIなど発達していくので、発電から使用まで効率的になっていくと思われます。最新の技術力となによりエネルギー原をどうしていくのか戦略が求められています。